キルト

単純なパターンが結局良いです

これでもかと
ひねりにひねったデザインを競った時期を経て
今は シンプルなデザインが美しいと思えるように、、、




IMG_1967_R.jpg













IMG_1965_R.jpg




















スクエアーズショール

結構な時間を割いて
ここまで来たのですが
ちょっと気になる箇所が発覚


掛けた時間を惜しむより
編み直しを選択すると思います




IMG_1971_R.jpg






世界中のパターンが
瞬時に手に入る時代

やっぱり英文パターンも含め
きちんと編み物を習いたいと思っています

有名な先生にと言うわけでは無いけれど
やっぱり一番の教室はカリキュラムも凄く
全国から集まる生徒の真剣さも魅力です

聞きもらさないようにノートを取る空気も
普段の生活とギャップがあって、、、




何でも独学で出来て
プロ並みのパンを焼いて
グレードの高い針仕事をする友達も
著者ご本人の教室に通うと
本だけでは分からない得るものがあると







IMG_1970_R.jpg






庭仕事で足を痛め
不自由な日々だったり
予定が伸びたり、、、


材料を前に
頭が働かない日々ですが

毎日 「よし頑張ろう」 が口癖






IMG_1972_R.jpg


スポンサーサイト

New Roses   ばらの世界

ベラドンナ

IMG_1679_R.jpg




新入りのバラ
手に入れるまで 見たり聞いたり2年
うちに来て2年目


ブノワマジメルに続いて
同じ作出者のバラです



IMG_1945_R.jpg


紫を含む色合いが大好き
うっとりです


薄いニームで葉っぱに害が出たので
その辺は要注意ですが
樹勢は強そうで 花付きも良好


特等席にいます




IMG_1946_R.jpg





近所のカルチャースクールで
カメラの講座も受けましたが
撮影技術にはのめりこめない様で、、

デジカメの高性能の方が
よほど頼りになります

私にもう少し技術があったら
肉眼で見るままを写せるのに残念












IMG_1947_R.jpg



















ローブアラフランセーズ
IMG_1955_R.jpg





こちらはウオームピンクと言うのでしょうか?
とても良い色


大好きな河本純子さんのバラ

発表時 気になりつつ
様子見をしていました


ご近所の庭友さんが
立派なアーチに仕立ててらして
あまりに素敵だったので購入


3年経って
しっかり強い事もわかり
大事なバラになりました





IMG_1595_R.jpg








IMG_1596_R.jpg


グリーンと白花の中に
好きな色だけ織り込んで、、

そんな庭にいつかなれば、、
、、、









IMG_1944_R.jpg




























いつも何かが咲いている庭

IMG_1926_R.jpg


梅雨
遅咲きの北側のヤマアジサイが
ようやく色づいたところです

薔薇もポツポツ咲いたり
つぼみも凄い数ですが、、、




これからの雨、  気温上昇

二番花も何だかなあ~って
品種もあります

これには逆らっても仕方ないので
きっぱりと秋まで割り切る予定







IMG_1939_R.jpg


それでも、庭には
次々いろんな花が咲いていて
ちゃんと決まった時期に咲くものは
間違いない美しさです


最近は
海外から、
そして毎年の品種改良で
魅力的な花がいっぱい


薔薇と洋服は
流行には飛びつかないのですが
下草は気になると
試してみます


その中から
自分が好きで都合の良い品種が
庭の定番になっていきます








IMG_1936_R.jpg










IMG_1935_R.jpg










IMG_1911_R.jpg










IMG_1912_R.jpg










IMG_1917_R.jpg










IMG_1927_R.jpg










IMG_1934_R.jpg










IMG_1904_R.jpg

ブラッシュノアゼット










IMG_1921_R.jpg

シューラネージュ



FC2ブログ使用中ですが

過去のブログの写真が
全く違う物になったりトラブルを起こしています
自分が作ったブログと全く違ってしまい残念です
今の所 対処法が分かりません
記事と写真が合わなくて
変だなと思った方からご連絡頂きました




庭のリメイク   迷いながら、、、

IMG_1908_R.jpg















IMG_1900_R.jpg

遅咲きクレマチス

クイーンマザー
昨年より更に大株に

伸びた先の花も
しっかり大きめ
紫を含む色と
大きめで肉厚の花弁が魅力

同じくベル型の
エトワールローズは
今回抜いてしまいます








IMG_1901_R.jpg

クラリーセージ バチカンホワイト

蕾が開いた様子は?
とのリクエストに応えて、、

ジギタリスみたいな役割をする感じ
花は透き通る白に
グリーンがのってます


丈は、、、
オリエンタルリリーより
ちょっと小さめかも







IMG_1897_R.jpg










リメイク   最大の悩み
IMG_0212_R.jpg

スイートジュリエット
シャルロット

共にイングリッシュローズ
こんな風に並んで咲きます








IMG_0418_R.jpg
シャルロット

優しいイエローから
白っぽくなったりもして
そんなに邪魔な
黄色いバラではないのです

庭には赤いバラも無いので
色合わせも変ではないけれど
黄色はやっぱり難しい


次々に蕾が上がり
繰返し咲きます









IMG_1749_R.jpg
スイートジュリエット

我が家では返り咲き
でも、毎年沢山の
ベーサル、サイドシュートを
ぐんぐん伸ばします




IMG_1794_R.jpg

花持ちは良いので
切り花にしてしまうのですが






庭全体を好きな色合いで
まとめたいと思うと
思いきった作業も必要ですが
植物は生きているので、、、、

そしてそれが魅力なのですが
優柔不断の日々は次の冬までに卒業?










いつもの定番が育てば、、、庭は元気

二番花もちらほら

控える蕾やら
伸びるシュートやら
庭は すこぶる元気です

リメイク続行中の庭ですが、、、




IMG_1878_R.jpg
スカビオサ エースオブスペード


ブラックナイトと並んで
庭に欲しい色です
どんな花も引き立てる色









IMG_1875_R.jpg
クラリーセージ バチカンホワイト
やはり、小ぶりで場所取らずでした
開く前の蕾の方が好き









IMG_1874_R.jpg
こぼれ種の
バーバスカム
種から出た物の方が
勢いがありしっかりしています

ジギタリス、デルフィニウムと並んで
背丈のある花









IMG_1873_R.jpg






IMG_1871_R.jpg
アガパンサス  ピーターパン







IMG_1870_R.jpg

葉っぱの小さい品種ですが
大株になると迫力があります

まだ咲く前の蕾が可愛い

定番の宿根草が
大株に育って 存在感が出たら
そして、それが庭の適材適所にあったら
庭造りの半分以上は完成のように思います








IMG_1867_R.jpg
ガーデンルー
数年育てていますが
何故か 初めて見た花

一年中  (真冬も)
シルバーグリーン
剪定でこんもり育てるのがいいかなあ
あまり見かけませんが
個人的に葉っぱ好きにはお薦めです

アレンジに使っても
持ちがいいです






IMG_1894_R.jpg












IMG_1820_R.jpg
アカンサスモリス


古株です
皆さん、広がって大変でしょうと
言われるけれど
葉を頻繁に剪定すれば
同じサイズでずっとここにいます

咲けば大株で存在感もあるし
葉が年中美しいし、、、











IMG_1823_R.jpg
ロータスプルムストーン

気が向けば 春に咲く花
先の黄色い葉が可愛いので
花はおまけですが
ベルガモットのような白花が咲きます

毎年咲かないのは
我が家だけかもしれませんが
咲くの?と言われる方も多いです











IMG_1892_R.jpg
ネメシア  ダークブルー

何とか残って欲しいので
地に降ろせないでいます

他のネメシアは
いきなりの地植えで放任なのに、、