猛暑でも 庭は元気です

IMG_1003_R.jpg


バラも 結局 強~い植物です
 気付くと蕾を持っているので
「はい、夏休みです」と、どんどんむしっています

一日に2度の水やりくらいの世話ですが、、




以前、園芸誌の取材で 朝4時半には起きています
 という話をしてしまったので
一年中 起床4時半と思われていて、、、

春の芽吹きの頃は 
 皆同じく嬉しくて目が覚めると言いますが
まさか毎日はそんなでは無いです   


水やりは住宅地でもあるし 7時過ぎてから、、
  既にカンカン照りです

玄関が真東に向いているのですが
 大失敗で後悔しているのが
半常緑のトネリコをばっさり半分に剪定したこと

また伸びるかもしれませんが
 とにかく朝 玄関を出たら木陰が無くて
カンカン照り  


木製ドアが確実にダメージを受けています





IMG_1015_R.jpg

昔から定番の ペチュニアですが

面白い色の物が 店頭に並ぶようになって

無くてはならない 毎年の花になりました






IMG_1010_R.jpg

人通りのある玄関先の花壇で

結局 春から晩秋まで いつも咲いています



切戻しをする時はさっと予備の鉢に替えられるよう

幾鉢か育てていて、切戻しの時期をずらしています





IMG_1012_R.jpg

冬越しは容易なのですが

とりあえず一年草扱いでもあるし

3年目の株は 今回枯れてしまいました



一年草と思っているものが 乗り越えただけでも

私としては やったーという感じ




IMG_1007_R.jpg

流星   クレマチス


二番花の方が数が多いかもしれないくらい

やや小ぶりで、色も少し薄めの ほぼグレー
 もうほんとに素敵です


 



IMG_1008_R.jpg

コンパクト ガウラ

大昔からガウラは庭にあったりしますが
 丈が伸びるのが難点で
しばらく植えていませんでした

友達からコンパクトタイプの存在を教わって
 
パープルセージとユーパトリウムを処分した場所に
 今年から植えています






IMG_1013_R.jpg

ベノーサバイオレシア

少し色が抜けるといい感じ
 裏庭移動説が揺らいでいます






スポンサーサイト

バラもクレマチスも、、

IMG_0984_R.jpg

しばらく この暑さが続くとのこと
  記録的な暑い夏となるのか
それとも これからはこんな夏が普通になるのか、、


駆け足の夏ですが


早 宿根フロックスが開き始めています



IMG_0983_R.jpg

それなりに あれこれ咲いてはいますが

フロックスの真っ白な花は
 毎夏の お助け的な存在です


ほんとに美しくもあり
 強くもある夏花で
長く 庭のあちらこちらで咲きます




IMG_0978_R.jpg

コンテス ド ブショー

春には 咲き過ぎるのと
 そのピンク色が ちょっとどうかな、と
毎年思うクレマチスです

今、若干白っぽい二番花と蕾がいっぱい

手荒な移植をしても とにかく強健
 あれは何ですか?と聞かれることの多い花
ちょっと 見直しているこの頃です




IMG_0987_R.jpg


今、どのクレマチスも丁度二番花の時期

今年は一番花同様の量です

肥料食いとは言いますが
 過多になると花型が乱れた経験もあり
今年は かなり少な目

そのせいか、暑さの為か
 総じて一段色が薄めに咲き始めています
むしろ好みなので
 きれいだなあとうっとりです





IMG_0944_R.jpg

シャンテロゼミサト

とにかく 恐ろしく暑さに強い 
 ガンガン照りつける太陽の下
大きな花をしっかり咲かせます
 
と、毎年書いています  笑






IMG_0937_R.jpg

バラも  思いきり切れるようになり、
 そうすると、増々良い枝葉が出ることに

庭を ころりと変えようと 
 秋のリフォーム作業を想像しながら
切って、抜いて、、、、
かなりすっきり、さっぱりの庭です








IMG_0976_R.jpg

災害対策


仙台転勤の折に被災した娘が
 とにかく 心配するので
キッチンカウンターに並べているグリーンの鉢を
プラ素材の物に交換

家にあまり花は飾らないのですが
 ちょっと季節の一輪挿しには
ガラスなど娘からダメだしの素材が大好き


そんなに高級な花器は持っていないのですが
 ちょこちょこ買っている好きな物は
確実に落ちたら割れるものばかり


プラスチック素材は 出来れば
 家に入れたくなかったけれども
安全対策は本気でやらねば、、、





IMG_0974_R.jpg

でも  色は良くてプラ素材には見えないような、、
 実は、DAISOで見つけた超お買い得品です

こんなグリーンはこれで良しとしても、、、
 
 







季節は夏へ



庭のことを書きたくて
 ブログを作っていたのですが
今なお続く 未曾有の災害で
呑気なブログは恥ずかしくなりました


心よりお見舞い申し上げます



IMG_0950 (2)_R



災害列島に住む以上
 いつ何時、どんな事が降りかかるか
何もかもを振り払うのは不可能かもしれません
 


そんな事を考えながら
 今日は庭に出ていました


南関東は 異例の連続真夏日でしたが
 雨が降った後、爽やかな風が吹いて
気温も落ち着いています

どんな夏が待っているのでしょうか


IMG_0935_R.jpg
 








IMG_0967_R.jpg







IMG_0969_R.jpg













庭はぼちぼち、、、の季節





さながら梅雨明けの様
 今年も早折り返し地点です

年を重ねると、年々あっという間の一年、、、
「私達には時間がないのよ」と
いつも脅迫してくる (笑) 友達がいますが
そこまで年は取ってないよ~

でも いつ何があるか分からないと思いながら
毎日暮らしています





IMG_0931_R.jpg

スカビオサ  ムーンダンス

買って良かった宿根草の一つ

どうもスカビオサではなく、近縁種のセファラリアらしいです


私は庭に欲しい宿根草を探す時
がまず気に入って、 も確認して
次に花期の長さも気にしています

これは四季咲で10月過ぎまで咲くようで
アイボリーに近く、とても小さいスカビオサ風


こんもりとした株に育ち
常緑から半常緑とのことなので
とりあえず玄関前の花壇に植えました




IMG_0881_R.jpg



スカビオサと言えば、
クナウティア  マケドニカもお薦め

丈は60㎝くらいになりますが
秋まで次々に小さなボンボン花を咲かせます
これはホントにマツムシソウ科

小さな赤い花がとても可愛いのですが
何せ小ぶりなので 変に赤が目立ちません

次々に花が上がって
何か、とにかく元気
でも、そんなに野性的な風でもない












IMG_0927_R.jpg

ミシン仕事の続き

プレゼントにしたく、
何種類か生地を買い込みました

芯地を張って丁寧に縫っていくと
ちょっと時間もかかるのですが
ボチボチと、、、






自分のお稽古の課題の編み物も
なかなか大変で
いつもと違って丁寧にゆっくりのペースです
久々に英和辞典も引っ張り出して、、、
でも、編み物用語はまた別


英語が母国語でない人が作ったレシピや
中には 間違ったレシピもあるらしく
編み物はたった一目の違いも馬鹿にならず
英文パターンで苦労する理由もあるそうです
同じ作業でも、表現がいろいろで
ひねるとか 引っ張り上げるとか
ここで向きを変えて 一目置くなど
、、、、
ため息

  



IMG_0930_R.jpg















アジサイと百合の季節に

アジサイ

小さなヤマアジサイが好きで
 家の北側に
もう15年ものの伊豆の華が咲いています


花は小ぶりでも
 株はさすがに大きくて
毎年かなりの剪定もしますが
背丈は1mくらいになっています


アジサイなんて簡単に根付くと思いきや
 二年連続で 買っては失敗
山野草だと思えば、
幼苗のうちは繊細という事なのでしょうか


今年買ったものは 鉢でグングン育っています

名前は何だったかなあ?と
 調べるのですが
ヤマアジサイの品種ってとにかく多いのですね
 自然交配で微妙な違いの物が
星の数ほど存在しています





IMG_0922_R.jpg

アジサイ ヘイズスターバースト

まだこれから、、、、、
白   場所を取らない  長く咲く
春の花後の庭で控えめだけれども好きな花です








IMG_0230.jpg

我が家ではないです
出先の店舗の植栽をスマホでパチリ

メジャーな品種ばかりですが
 ブラックレースフラワーが主役の混植
単植より お洒落で見入ってしまいました
計算された混植のセンスの良さ  ♡   















IMG_0926_R.jpg

エキナセア蕾の数が凄いのは
多分、そばにあるオリーブが調子悪いから、、、
オリーブゾウムシにやられて2年
今年は全体に芽吹いてきたものの、
やはり完全復活は無理そうな気もしてきました

2年前 三本あるオリーブが全てやられて
一本は枯死    一本は何とか残って
もう一本 瀕死の状態のオリーブですが、、

多分  もうすぐ抜きます



オリーブゾウムシって、薔薇のそれとは別物で
虫は簡単に退治できるのですが、
何か 厄介





    〈 コーヒーブレーク 〉

最近読んだ とても気になっていた人
東京新聞 望月衣塑子さんの 「新聞記者」
若いのに頑張っている人のパワーが
とても刺激になりました
 

高齢の母の心配もあり
先の予定はあまり入れないでいたのですが
何とかなる、と編み物の英文パターンの勉強へ、、
30分以内で乗り換えなしの表参道
近いし、願っていた事がピンポイントで
教えて頂けるようなので、どうしても通いたい !
望月さんに背中を押された感じです


これから暑い夏を迎えるのですが
意外に 真夏は庭仕事シーズンオフ

冬毛糸を編む夏になりそうです